「祇園祭デジタルフォトラリー」

  • 2020.07.02 Thursday
  • 23:00

7月1日、祇園祭が幕を開けました。

祇園祭といえば17日の前祭(さきまつり)と 24日の後祭(あとまつり)に行われる

山鉾巡行と神輿渡御がよく知られていますが、

神事は1日から31日までの1ヶ月間の長いお祭りです。

各山鉾町で1日に行われる神事始めの儀式を「吉符入り」(きっぷいり)といいます。

何度も報道されてますが、今年は観光の目玉の山鉾巡行と神輿渡御は中止されます。

やんちゃ村でも毎年 祇園祭をマラニックに取り入れていたのでとても残念です。

 

そこで今年は初めての試みですが、

「祇園祭デジタルフォトラリー」というのをやってみようと思います。

7月23日〜26日の期間中に 指定する10ヶ所ほどの祇園祭の関連ポイントを巡り、

スマホやデジカメで写真を撮ってゴールの受付で提示していただきます。

移動手段はなんでもOKです。

写真をコンプリート出来ていれば記念の缶バッジをプレゼントします。

山鉾の無い祇園祭を 違った形で楽しんでみませんか?

撮影ポイントなどの詳細は20日ごろにHPやFBでお知らせしますのでお楽しみに!!

 

※写真は7月31日に祇園祭最後の神事「夏越祭」が行われる

八坂神社の摂社「疫神社」です。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

五山の送り火

  • 2020.06.29 Monday
  • 12:35

毎年8月16日に行われてる五山の送り火(大文字)ですが、

今年はコロナウイルス対策で観光客の密集を防ぐため、

灯すのは点だけにされるそうです。

点…??? どういうこと?

各山がイラストに表示されてる所だけ灯して

例年のような文字や形にはしないそうです。

 

葵祭、祇園祭に続いて またもや京都のビッグイベントが自粛縮小となります。

京都ではこの数日 感染者が続けて出ているので、

観光客の方が押し寄せることを危惧している状況です。

私どものイベントも今までのように開催するのには もう少し時間がかかりそうです。

 

あっそうそう、送り火は「大文字焼き」と違いますよ!

焼いてへんから、灯してるんやからね!

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

端午の節句

  • 2020.05.03 Sunday
  • 12:34

新型コロナウイルス問題が深刻になりだしてから約二ヶ月が経ちましたね。

イベントに感染防止対策が必要になり、その後中止を余儀なくされ、

さらに生活まで制限が厳しくなり、混乱してる間に 気が付けばもう5月です。

心の日常を取り戻すために 玄関に端午の節句のお飾りをしてみました。

 

鎧と太鼓は 雛人形と同じく実家を大整理した時に見つけたもので、

他に張子の虎とガラスケースに入った鍾馗さんの人形があったのですが、

張子の虎は妹宅に、鍾馗人形は処分したのかな?

そうそう、大きな鯉のぼりのセットもありましたが、カビカビになっていて処分しました。

おそらく僕の初節句の時に親が揃えてくれたのだと思います。

年代物です…

 

こんな時に訪ねてくる人はないけれど(来られても困る)、

ちょっとだけおもてなし感を演出してみました。

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

祇園祭山鉾巡行中止

  • 2020.04.21 Tuesday
  • 22:04

数日前からわかってはいたことですが、

20日に 祇園祭の「山鉾巡行」「神輿渡御」を中止すると正式に発表されましたね。

山鉾巡行が取りやめになるのは阪急電車の延伸地下工事の影響で取りやめた

1962年以来 58年ぶりのことです。

 

この阪急電車の話は有名な話なんですが、僕は当時5歳、

父親は四条通りで商売をしてたのですが このことは全く覚えてません。

不思議ですよね、台風が来てても中止しない祇園祭が、阪急電車の工事で中止って・・・

祇園祭は疫病退散、無病息災を祈念する「御霊会」が起源とされているので、

今回の中止はちょっと複雑な気分ですね。

 

やんちゃ村マラニックでも今まで何度も祇園祭をご案内してきましたし、

今年も予定に入れていたので、イベント自体をできないことはとても残念です。

しかし今は、医療現場の最前線で戦ってくださってる関係者の方々に感謝して、

応援をすべく うつらない、うつさないための我慢、努力をして、不要不急な外出を避け、

今 自分のできる最善のことを考えて、皆さんにもこのことを呼び掛けたいです。

 

 

※写真は整理してたら出てきた、2008年に「保昌山」の曳き手をした時のものです。

   

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分

  • 2020.02.07 Friday
  • 16:23

節分の日、2月3日には「柊鰯」を飾っただけでなく、

節分会をされている神社仏閣を巡ってきました。

 

最初に向かったのは「六波羅蜜寺」です。

こちらの追儺式は鬼ではなく土蜘蛛が現れ、

法要の邪魔をするのですが、

「六斎念仏」と豆まきで追い払うというものです。

 

追儺式の前後には福豆まきが行われましたが、

宮川町の芸妓さん 舞妓さんもおられました。

 

僕が写真を撮ってる間に妻がキャッチした福豆の一部です。

 

次に「聖護院門跡」へ行きました。

こちらでは甘酒の接待があり、おいしくいただきました

ろうそくを献上し、仏像を拝観して福豆を授与していただきました。

 

次に斜め向かいの「須賀神社」

ここには節分とその前日にしか現れない

怪しい容姿の「懸想文売り」がおられます。

 

「懸想文」とは縁結びのお守りですが、本当に文が書かれているそうです。

内容は毎年変わっているそうですが、人に知られないように引き出しに入れておくと、

顔が美しくなり良縁に恵まれるということです。

初穂料は1500円・・・ちょっと手が出ない…

 

もう日が暮れてきたのですが、次に「吉田神社」に向かいました。

本宮ではなく大元宮に着くと、前日の鬼やらいで改心したという「福鬼」に出会いました。

「笑って福を招きましょう!ワーハッハァ」と笑ってました。

出会うと運が良いそうです。ということで「抽選券付福豆」を授かりました。

 

そして最後に「壬生寺」に行き「壬生大念仏狂言」を見ました。

節分の期間は無料で見ることができます。

壬生狂言は無言劇です、演目はもちろん「節分」約40分の上演でした。

風が冷たくてとても寒かったのですが、おもしろく楽しませて頂きました。

 

内容の濃いぃ節分の一日でした。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

「柊鰯」

  • 2020.02.04 Tuesday
  • 22:38

昨日、節分でしたが 近年毎年話題になる恵方巻の丸かじりって昔からやってました?

ぼくが子どもの頃は周辺ではだれもやってなかったように思うんですが…

いつ頃から盛んになってきたのかなぁ?

どちらかというと大阪のノリですよねぇ、京都人は丸かじりはちょっと…

うちの家では妻も「そんな事しぃひん」ので食べてません。

子どもがいないので豆まきもしたことがありません。

 

でも何かイベントをしたいと思い、2日にイワシを焼いていただき、

そのイワシの頭を庭で取った柊の小枝に刺して

「柊鰯」を作って玄関先に飾りました。

 

 

鬼の嫌いなイワシの臭い、柊のトゲトゲが魔除け厄除けになるというものです。

古くから西日本で行われてきた風習です。

といっても僕自身初体験です。

 

どれぐらいの期間飾っておくかという明確なものはないようですので、

2月いっぱいまで飾っておこうかなと思っているのですが、

カラスに食べられて終わりかなぁ…

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

 

 

 

 

都七福神まいり その2

  • 2020.01.30 Thursday
  • 12:20

22日に行けなかった2寺院へ24日にお参りしました。

 

まずは南区 九条の東寺へ行きました。

現存する日本最大の木造建築物「五重の塔」は有名ですよね。

こちらには毘沙門天が祀られています。

 

 

そして今回お参りする最後のお寺は宇治市黄檗の万福寺です。

ここで驚きの事実が!!

この万福寺では御宝印を授かろうと思うと

拝観料(500円)を払って中に入らなければなりませんでした…

「聞いてへんでぇ」と心の中で叫びながら入山しました。

正面に布袋尊が鎮座されてました。

開版(かいぱん)という木魚の原形となっているものだそうです。

今も時を知らせるのに使われているそうです。

そして七つ目の御宝印をいただきます。

これで今回の七福神めぐりの御宝印が揃いました。

「七難即滅、七福即生極まりなし」

 

せっかく黄檗まで来たので、帰り道に「たま木亭」へ寄って

パンを買いました。3品で831円(高っ!)

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

                                             

都七福神まいり その1

  • 2020.01.29 Wednesday
  • 17:47

22日と24日の2日に分けて自転車で「都七福神まいり」に行ってきました。

1日で巡りたかったのですが、午前中に用事があり

出発がお昼になってしまったので回りきれませんでした。

 

7カ所の社寺を巡り 各所で御宝印を授かるのですが、(各300円)

最初に訪ねた所で まず大護符(色紙)を授けていただきます。(1500円)

 

今回は洛北の「松ヶ崎大黒天(妙円寺)」を最初のお寺としました。

五山の送り火「妙法」の「法」の字の麓です。

大黒天が迎えてくださいます。

 

次に比叡山の麓、延暦寺の塔頭「赤山禅院」へ

七福神が並んでいますが こちらで祀られているのは福禄寿神です。

御宝印をいただきます。

 

次に向かったのは中京区の「行願寺(革堂)」です。

寺町通りで 京都御苑の南側です。こちらで祀られているのは寿老神です。

 

次は東山区のゑびす神社です。「商売繁盛」の神様として有名なゑびす神です。

「ゑべっさん」として京都の人々に親しまれています。

スラスラっと 皆さん本当に達筆でおられます。

 

この日最後に訪れたのはゑびす神社からすぐ近くの「六波羅蜜寺」です。

空也上人立像や平清盛像で有名です。弁財天祀られています。

 

この日はここで時間も遅くなり帰路につきました。

 

あと2寺院を残しています。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM