清浄歓喜団

  • 2020.07.10 Friday
  • 03:08

「清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)」って何の名前かわかりますか?

暴走族のグループ名ではないですよぉ。

「京都通」の人なら知ってる方もおられるでしょうが、

実は奈良時代に遣唐使によって伝えられたお菓子の一種で、

千年前の姿をそのまま作り続けられてる京菓子です。

「京菓子の名前とは思えへん…」

 

米粉と小麦粉の生地で、七種類の香りが混ぜ込まれた小豆餡を包み、

巾着袋の形に整えて ごま油でしっかり揚げたものです。

伝来当時の中身は栗、柿、あんず等の木の実を使っていたそうで、

小豆餡を用いるようになったのは300年ほど前からだそうです。

 知ってはいたけど 食したことはなかったので、

エミロンと「いっぺん食べてみよう」と 買いに出かけました。

八坂神社の向かい側の「亀屋清永」さん、日本で唯一これを作っておられるところです。

小さいものですが2個箱入りで¥1200+税、結構いいお値段。。。

家に持ち帰り、まず一口 

外側の生地がしっかり揚げてあるので硬い!!

そして 中身の餡は 練り込まれた七種の香が広がり…

エミロンは「口の中が お寺やぁ」と・・・

口の肥えた現代人には あまり美味しくないものかもしれませんが、

古(いにしえ)の 身分の高い人達にのみ与えられたお菓子だと思わせる気品高いお味でした。

 

そうそう、今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第一話で

谷原章介さん演じる室町幕府の幕臣「三淵藤英」の手元に

清浄歓喜団が茶菓子として置いてある場面があったようです。

気ぃ付かへんかったぁ…

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

やんちゃ村

yanchamura@kyoto.zaq.ne.jp

http://kyoto-yanchamura.com/

TEL 0756429373

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM